茨木市の注文住宅ガイドTOP » 注文住宅の基礎知識 » 注文住宅で失敗しない間取りのポイント

公開日: |最終更新日時:

注文住宅で失敗しない間取りのポイント

注文住宅はこだわりを詰め込んだ理想の家づくりです。しかし、実際住んでみると家の間取りに対して失敗したと感じる人は少なくないようです。家ができてから後悔しないために、注文住宅で失敗しない間取りのポイントを紹介します。

間取りで失敗しないためのポイント

注文住宅完成後、間取りで成功した家と失敗した家の違いは、生活導線など実際に生活した時のことをしっかりと想定した間取りを考えているかどうかです。快適な生活を実現し、間取りで失敗しないためのポイントをみていきましょう。

生活動線

生活動線とは、日常生活を送るために部屋を行き来する線のことです。できる限りシンプルにすると、移動距離が短くなり快適に過ごせます。

失敗しない間取り作りに置いて動線計画が欠かせません。考えるべき代表的な動線は次の通りです。

水回り

失敗しない間取りにおける水回りの配置で重要なポイントは2つです。

食事をするリビングの真上や寝室と近い場所にトイレなどの水回りを配置すると、排水音が気になる問題が発生します。

また、水回りは配管設備が集中するので一ヶ所に集中して配置しておくと工事費と後のメンテナンス代が安くなります。
さらに、水回りでの作業が効率良くなるので家事の時間短縮につながります。

日当たり

失敗しない間取りにおいて、日当たりも大事です。 日当たりは、周辺環境や方位、立地関係で、同じ住宅でも印象が大きく変化します。

日中家族が集まりやすいリビングやウッドテラスなどを日当たりの良い南側へ、太陽が沈む夜に落ち着いて過ごしたい寝室などを北側へ配置すると、気持ちよく暮らすことができるでしょう。

そのため、周辺環境や方位、日当たりを考慮した間取りにすると心地よいマイホームになるでしょう。

生活音は

失敗しない間取りにおいて、生活音を配慮した1階と2階の各間取りを考えることは重要です。

来客を迎える1階の和室の上に子供部屋を配置してしまうと、子どもの足音や騒音が気になってしまう可能性があります。

また、お風呂場で気分がよくなって歌うと非常に響きます。お風呂場の上に寝室が配置されていると、寝ていたのに起こされてしまい、ストレスを感じる可能性があります。

プランが充実した
茨木市対応の工務店
住宅のイメージ

参考になる“お見本プラン”をベースに費用と理想のバランスをとるのが、賢い家づくりの方法。
このサイトではプランの充実度に着目した工務店3社の早見表を掲載しています。

茨木の工務店3選

このサイトは、茨木市に住む不動産・住宅系ライター、yurinaが収集した情報をもとに作成しています。詳しいプロフィールはこちらから。

サイトについて