茨木市の注文住宅ガイドTOP » 注文住宅の基礎知識 » 自然素材の家のメリットとデメリット

公開日: |最終更新日時:

自然素材の家のメリットとデメリット

注文住宅を建てるとき、自然素材の家を希望する人は少なくありません。特に家にいる時間が長い人ほど、自然素材で建てたいと思うでしょう。自然素材の家のメリットとデメリットを紹介します。希望に合っているか確認してください。

自然素材の家ってどんな家?

自然素材の家は、一般的に無垢材、漆喰、珪藻土、天然リノリウム、コルク材、セルロースファイバーなどの天然の素材を使用して建てられた家のことを言います。

ただし明確な定義はありません。「無垢材にこだわっている」「できるだけ天然素材のみで建てる」「木造の家」など、建築会社によって、どの程度天然の素材を使用するかなどは異なるため、建築会社の言う自然素材の家が希望する家のイメージと合っているか確認が必要です。

メリット

体の負担が軽め

天然素材を多く使って作られた家は、体に優しい家です。一般的な建材に含まれる化学物質にはシックハウス症候群やアレルギーのリスクがあります。天然素材で作る家は、こうした体への負担は少なめです。家にいる時間が長い人ほど、メリットを感じるでしょう。

経年変化が楽しい

どんな物質も経年により劣化していきます。天然素材の場合、長く使い込むほどに味が出ると感じる人が多いです。色合いなどが変化して、味わいが深まっていくのを楽しめるでしょう。素材が自然と変化するため、同じ家に住み続けていても飽きません。

自然の調湿効果

天然素材には、自然の力があります。その代表が調湿効果です。湿気が多いときは吸い、乾燥しているときに排出するため、空間を快適にしてくれます。木材なら香りによる癒しの効果も期待できるでしょう。他にも温かみが感じられるなど、天然ならではの良さを感じられます。

デメリット

お金がかかる

自然素材は、素材を作るのに時間がかかり、量が限られるため、高価な物が多いです。また、素材を扱う職人にも高度な技術力が求められます。そのため、自然素材の家は、高価になりがち。自然素材を使用する範囲によるため、予算を明確にしてできる範囲で取り入れるのもひとつの手でしょう。

色や柄を選べない

できるだけ化学物質を使わない家づくりの場合、色や柄を選べません。使われた木材の木目を楽しむような素朴な味わいの家になります。色の濃さなど、選べる部分は多少ありますが、バリエーションは多くありません。

手間がかかる可能性がある

自然素材の家は、一般的な家と同じようにメンテナンスが大切です。自然素材は自分で手入れできることが比較的多く、日頃の手入れが住宅の状態に影響します。自分でメンテナンスできるのはメリットでもありますが、こまめな手間をかけたくないと思う場合はデメリットになるかもしれません。

プランが充実した
茨木市対応の工務店
住宅のイメージ

参考になる“お見本プラン”をベースに費用と理想のバランスをとるのが、賢い家づくりの方法。
このサイトではプランの充実度に着目した工務店3社の早見表を掲載しています。

茨木の工務店3選

このサイトは、茨木市に住む不動産・住宅系ライター、yurinaが収集した情報をもとに作成しています。詳しいプロフィールはこちらから。

サイトについて