茨木市の注文住宅ガイドTOP » 注文住宅の基礎知識 » 注文住宅を建てるなら24時間換気システムの設置義務がある

公開日: |最終更新日時:

注文住宅を建てるなら24時間換気システムの設置義務がある

快適な暮らしのために必要な住宅設備は多々あります。24時間換気システムもそのひとつ。24時間換気システムは建築基準法で設置が義務化されているので、注文住宅を建てるならあらかじめシステムについて知っておく必要があります。

戸建てに必要な24時間換気システムとは

住まいの換気が不十分だと、屋内にはほこりやハウスダスト、あるいは建材から放散されるアセトアルデヒドなどの有害物質がこもってしまいます。そうした環境下で住んでいる人がさまざまな健康被害を受ける「シックハウス症候群」は大きな問題となっていました。

こうした健康被害を予防し、屋内を常に清浄な空間に保つためのシステムが24時間換気システムです。24時間換気システムは、建物全体を見て給気する場所と排気する場所を設定し、屋内全体の空気を入れ替えることができます。

24時間換気システムは建築基準法で設置義務が課せられています。そのため、これからマイホームを建てる人は、かならず24時間換気システムの設置を頭に入れておきましょう。

24時間換気システムは3種類ある

24時間換気システムは、その仕組みによって第1?3種換気までの3種類に分けられます。種類によってどんな建物に適しているかが変わってくるので、3種類の換気システムの違いについて知っておくことも必要です。

効率的な換気ができる第1種換気

第1種換気は、給気部分と排気部分のどちらにも換気扇がついている換気システムです。機械制御によって効率的に屋内の空気の入れ替えを行えるので、3種類の中でも空気の流れをコントロールしやすくなっています。ただし、設置やメンテナンスにお金がかかるというデメリットもあります。

工場のクリーンルームで採用されやすい第2種換気

第2種換気は、給気口のみに換気扇を設置したタイプの換気システムです。常に新しい空気が取り込まれることで古い空気が押し出されるので衛生的な環境を作りやすいので、主にクリーンルームや食品工場で採用されています。

住宅で多く採用されている第3種換気

第2種とは逆に、排気口にのみ換気扇を設置しているのが第3種換気です。空気を排出する力のほうが空気を取り入れる力よりも強くなるので、室内は気圧が低い状態になります。これによって室内を湿気を溜まりにくい環境にできるほか、第1種換気に比べて設置コストを抑えられるというメリットがあります。

換気扇(レンジフード)と24時間換気システムの違い

24時間換気システムと混同されやすいのが換気扇(レンジフード)です。両者の大きな違いは、換気する場所です。一般的な換気扇やレンジフードは、お風呂やキッチンなどといった、換気扇が設置してある場所の換気を行います。対して、24時間換気システムは給気口と排気口の両方もしくは片方を設置し、住まい全体の空気を24時間換気し続けるというものです。これによって、24時間換気システムは2時間ほどで住まい全体の空気を入れ替えることができます。

24時間換気システムを選ぶ時に抑えるポイント

24時間換気システムを選ぶときに気を付けたいのが、黄砂や花粉の影響です。換気扇は24時間稼働しているため、新鮮な空気を取り込める反面、汚れた空気も取り込んでしまいます。特に市街地の空気は排気ガスで汚染されている可能性が高いでしょう。そこで役立つのが換気扇フィルター。換気扇フィルターには細かく目があるので、汚染された空気や花粉、PM2.5などをカットできます。

とはいえ、換気扇フィルターは定期的に交換しないと目詰まりを起こしてしまいます。最悪の場合、換気扇が機能しなくなってしまうでしょう。しかし、交換さえしっかり行っていれば、家にいるだけで花粉症が和らいでいきます。メンテナンス面のことを考えると、24時間換気システムは掃除がしやすいものや部品交換しやすいものがおすすめです。

24時間換気システムのメンテナンスの仕方

室内の空気を清浄にするために設置する24時間換気システムですが、本体が汚れていては元も子もありません。こまめに手入れをすることが欠かせませんが、掃除の仕方にもポイントがあります。以下で詳しいメンテナンス方法を見ていきます。

フィルターのメンテナンス

24時間換気システムのフィルターは汚れていると目詰まりの原因になるので、きちんと掃除しましょう。換気を正常に行うためには、3カ月に1度程度を目処に汚れを取ると良いです。掃除方法としては、付着しているホコリを掃除機で吸い取り、中性洗剤や水で洗います。水で洗い流した後はきちんと乾燥させるのがポイント。十分に乾いていないとカビが発生する原因になるので要注意です。なお、フィルターは使用し続けると劣化するので、念に1度は交換しましょう。

排気口のメンテナンス

給水機構も汚れが溜まりやすい場所なので、排気口の掃除も欠かせません。フィルターをそうじするときに一緒に掃除するのがおすすめです。まずはカバーとフィルターを取り、内部のホコリを除去します。掃除機で吸っても良いですし、古くなった歯ブラシなどを活用するのも一つの手です。汚れが落ちたら、カビが生えないよう水分を拭きとります。掃除を行うときは安全を確保するために24時間換気システムは停止しておきましょう。

茨木市の
注文住宅を手がける
工務店リストをチェック!

プランが充実した
茨木市対応の工務店
住宅のイメージ

参考になる“お見本プラン”をベースに費用と理想のバランスをとるのが、賢い家づくりの方法。
このサイトではプランの充実度に着目した工務店3社の早見表を掲載しています。

茨木の工務店3選

このサイトは、茨木市に住む不動産・住宅系ライター、yurinaが収集した情報をもとに作成しています。詳しいプロフィールはこちらから。

サイトについて