茨木市の注文住宅ガイドTOP » 注文住宅の基礎知識 » 注文住宅で採用されている工法とは?

公開日: |最終更新日時:

注文住宅で採用されている工法とは?

注文住宅づくりの際、木材やコンクリート、パネルなど様々な素材を用いた工法があります。住宅づくりの工法の特徴と長所や短所について述べていきます。注文住宅づくりを検討している方の参考になれば幸いです。

木造軸組在来工法

昔から用いられてきた工法で、在来工法とも呼ばれます。約8割の住まいが木造軸組工法で建てられているとも言われています。日本の気候にマッチし、年間を通して快適に暮らせます。木のあたたかみや香りを感じられるのが嬉しいポイントです。設計に対する自由度も高く、狭い土地や変形地にも対応可能です。デザインや間取りなども柔軟性を持って対応できるのが魅力。木でありながらも揺れや火に強い性能があり、建築業界でそのよさを見直されるようになってきました。費用を比較的抑えられる点もポイントの1つです。

木造枠組壁式工法(ツーバイフォー工法)

ツーバイフォー工法とも呼ばれ、北米で用いられてきました。パネルで壁を作り箱のようにして建物を支えます。柱ではなく、面で家を支える工法です。標準化された方法なので、職人さんの技術に影響されずに品質に優れた住まいづくりができる点も見逃せないポイント。箱型で丈夫なつくりであり、木造軸組よりもさらに優れた耐震性能を持っています。

鉄筋コンクリート工法

鉄筋で骨組みし、型枠にコンクリートを流し込んでいく方法。鉄骨とコンクリートの良さを併せ持っており、頑丈で大きな揺れに強いです。火や風雨にも強いのも大きな魅力。しかし、施工する職人により品質にばらつきが生じ、天候に左右されやすいため工事が進まない可能性も。引き渡しまで、時間に余裕を持って対応しましょう。またコンクリートは熱をためる性質があるので、夏は暑くなりやすいです。すべての工法の中で一番コストがかかると言われており、高級住宅で用いることが多いのも特徴です。

鉄骨組工法

柱や梁に鉄を用いて骨組みをしていく方法。木造軸組在来工法と構造の考えは同じですが、木より鉄は強度が高いのため、大きな空間に窓を付けたり、間取りの自由度が高かったりするのが特徴です。

また鉄は、強くてしなやかな性質を持つため、細い材料で強さのある住まいを作れます。そのため、圧迫感のないスッキリとした空間にできるのも嬉しいポイントです。しかし他の方法と比べると、火や高熱に弱く防音性に劣るというデメリットがあるため、対策を講じておく必要があります。

プランが充実した
茨木市対応の工務店
住宅のイメージ

参考になる“お見本プラン”をベースに費用と理想のバランスをとるのが、賢い家づくりの方法。
このサイトではプランの充実度に着目した工務店3社の早見表を掲載しています。

茨木の工務店3選

このサイトは、茨木市に住む不動産・住宅系ライター、yurinaが収集した情報をもとに作成しています。詳しいプロフィールはこちらから。

サイトについて