茨木市の注文住宅ガイドTOP » 注文住宅の基礎知識 » 注文住宅のフルオーダーとセミオーダーの違い

公開日: |最終更新日時:

注文住宅のフルオーダーとセミオーダーの違い

注文住宅には、フルオーダーとセミオーダーの2種類があることを知っていますか?自分たちにあった家づくりには、それぞれの特徴を理解することが大切です。

この記事では、フルオーダーとセミオーダーの特徴やメリット・デメリットを説明します。家つくりで後悔したくない人はぜひ記事をご覧ください。

フルオーダーの特徴とは

フルオーダーの特徴は、白紙の状態から家作りができることです。

間取りはもちろん、使う木材や断熱材、建材や住宅設備メーカーなど家作りに関わるすべてを、主体的に決めていく必要があります。<・p>

メリット

一番のメリットは、間取りや材質など家作りの全てを自由に決めるられるので、理想の家を建築できること。フルオーダーなら、世界に一つだけのオリジナリティあふれるマイホームを持つことも夢ではありません。

最初から家づくりに関わることができるので、細部にいたるまで自分のこだわりを家作りに反映できるのが魅力です。

デメリット

フルオーダーは全ての項目を自分で決めるため、打ち合わせが完了しないと予算が出せません。

予算オーバーだった時は「少し削ってそのたびに予算を出し検討する」を繰り返すので、資金計画が立てづらく、打ち合わせに時間がかかります。また設計が複雑な場合は、予算も建設時間も予想以上にかかることも。

世界に一つしかない家のため、完成のイメージがつきづらいというデメリットもあります。

フルオーダーの家に向いている人

フルオーダーの家に向いている人は下記のような方たちです。

セミオーダーの特徴とは

セミオーダーの特徴は、用意された選択肢の中からアイテムを選ぶことで好みの家づくりを進めること。住宅会社側が主体となって提案してれるので、簡単に好みの家を建てること作ることができます。

セミオーダーを「注文住宅」と呼ぶ会社も多く、フルオーダーと建売の中間にあたります。

メリット

セミオーダー住宅一番のメリットは、選択肢の中からオプションや色を決めるだけなので、初めて家づくりをする人でも好みの家が作れること。打ち合わせ時間も短くて済むため、家づくりに時間が取れない人でも無理なく建築に関わることができます。

基本的な構造やデザイン・設備はある程度決まっているので、工期が早い上に完成形がイメージしやすく、資金計画もたてやすいのも強みです。

デメリット

セミオーダーは用意された選択肢の中から選ぶので、フルオーダーに比べると自由度は下がります。まだ打ち合わせが盛り上がってオプションをつけすぎると予算オーバーになる、ということもよくあるので、注意が必要です。

セミオーダーの家に向いている人

セミオーダーの家に向いている人は、こんな人です。

プランが充実した
茨木市対応の工務店
住宅のイメージ

参考になる“お見本プラン”をベースに費用と理想のバランスをとるのが、賢い家づくりの方法。
このサイトではプランの充実度に着目した工務店3社の早見表を掲載しています。

茨木の工務店3選

このサイトは、茨木市に住む不動産・住宅系ライター、yurinaが収集した情報をもとに作成しています。詳しいプロフィールはこちらから。

サイトについて